東京大学高大接続研究開発センター・東京大学大学院教育学研究科 宇佐美慧
Center for Research and Development on Transition from Secondary to Higher Education, University of Tokyo.
Graduate School of Education, University of Tokyo. Satoshi Usami

研究業績

論文・論説

57. Usami,S., Murayama,K., & Hamaker,E.L. (to be submitted). A unified framework of
    cross-lagged longitudinal models.

56. Usami,S., Jacobucci,R., & Hayes,T. (submitted). Performance of latent growth
    model based structural equation model trees to uncover population heterogenity
    in growth trajectories.

55. Usami,S. (submitted). Confidence interval-based sample size determination formulas
    and some mathematical properties for hierarchical data.

54. …, Usami,S., …. (submitted). ….

53. …, Usami,S., …. (submitted). ….

52. …, Usami,S., …. (submitted). ….

51. Itokawa,M., Miyashita,M., Arai,M., Dan,T., Takahashi,K., Tokunaga,T., Ishimoto,K.,
    Toriumi,K., Ichikawa,T., Horiuchi,Y., Kobori,A., Usami,S., Yoshikawa,T.,
    Amano,N., Washizuka,S., Okazaki,Y., & Miyata,T.(in press). Pyridoxamine,
    a novel treatment for schizophrenia with enhanced carbonyl stress.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences.

50. Yamasaki,S., Usami,S., Sasaki,R., Koike,S., Ando,S., Kitagawa,Y., Matamura,M.,
    Fukushima,M., Yonehara,H., Foo,J.C., Nishida, A., & Sasaki, T., (in press).
    The association between changes in depression/anxiety and trajectories of
    psychotic-like experiences over a year in adolescence. Schizophrenia Research.

49. 宇佐美慧 (2017). 心理学統計法 野島一彦(編) 公認心理師入門―知識と技術 こころの科学
    196, 24-27. 日本評論社

48. Endo,K., Ando,S., Shimodera,S., Yamasaki,S., Usami,S., Okazaki,Y., Sasaki,T.,
    & Nishida,A. (2017). Preference for solitude, social isolation, and suicidal
    behaviours in adolescents. Journal of Adolescent Health. in press.

47. Usami,S. (submitted). Inferring longitudinal changes and relations from multivariate
    cross-sectional data: A time-invariant score and two-stage multiple imputation.

46. Usami,S., & Murayama,K. (in revision). Random time errors in growth curve
    modeling: Type-1 error inflation and a possible solution with mixed-effects models.

45. Fujisato,H., Ito,M., Takebayashi,Y., Hosogoshi,H., Kato,N., Nakajima,S., Miyamae,M., Oe,Y.,
    Usami,S., Kanie,A., Horikoshi, M. & Berking, M., (2017). Reliability and validity
    of the Japanese version of the emotion regulation skills questionnaire. Journal of
    Affective Disorders, 208, 145-152.

44. Kanehara,A., Araki,T., Usami,S., Kuwabara,H., Kano,Y., Kasai,K., Ando,S. (2016).
    Trends in psychological distress and alcoholism after The Great East Japan
    Earthquake of 2011. SSM - Population Health, 2, 807-812.

43. 宇佐美慧 (2016). 臨床疫学研究のための統計学―縦断データと個人内相関から探る因果関係―
    精神科, 29. 513-518.

42. 伊藤亜矢子・宇佐美慧 (2017). 新版中学生用学級風土尺度(Classroom Climate Inventory;CCI)
    の作成. 教育心理学研究. 65, 91-105.

41. Usami,S., Hayes,T., & McArdle,J.J. (2017). Fitting structural equation model trees
    and latent growth curve mixture models in longitudinal designs:
    The influence of model misspecification in estimating the number of classes.
    Structural Equation Modeling. 24, 585-598.

40. Fujikawa,S., Ando,S., Shimodera,S., Koike,S., Usami,S., Toriyama,R., Kanata,S., Sasaki,T.,
    Kasai,K., Okazaki,Y., Nishida,A., (accepted). The association of current violence from
    adult family members with adolescent bullying involvement and suicidal feelings.
    PLOS ONE.

39. Kanata,S., Koike,S., Ando,S., Nishida,A., Usami,S., Yamasaki,S., Morimoto,Y., Toriyama,R.,
    Fujikawa,S., Sugimoto,N., Sasaki,T., Furukawa, T., Hasegawa, M., & Kasai,K.
    (accepted). Enuresis and hyperactivity-inattention in early adolescence: Findings
    from a population-based survey in Tokyo (Tokyo Early Adolescence Survey).
    PLOS ONE. http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0158786

38. Yamasaki,S., Ando,S., Koike,S., Usami,S., Endo,K., French,P., Sasaki,T., Furukawa,T.,
    Hasegawa-Hiraiwa,M., Kasai,K., & Nishida,A. (2016). Dissociation mediates the
    relationship between peer victimization and hallucinatory experiences among
    early adolescents. Schizophrenia Research: Cognition, 4, 18-23.

37. 宇佐美慧 (2016). 論述式テストの作成と運用(2). 論述式テストの作成―信頼性・妥当性から見た
    テストの「品質」― 試験と研修. 29, 10-15.

36. 宇佐美慧 (2016). 論述式テストの作成と運用(1).「良いテスト」とは何か―信頼性・妥当性の概念―
    試験と研修. 28, 18-22.

35. 宇佐美慧 (2016). 測定・評価・研究法に関する研究の動向と展望 ―教育測定・心理統計の専門家の不足
    および心理統計教育の問題の再考と「専門家による専門家の育成」の必要性― 教育心理学年報
    55, 83-100.

34. 宇佐美慧 (2016). 構造方程式モデル決定木(SEM Trees) の方法と課題―モデルの誤設定について―
    計算機統計学 近刊

33. Todo,N., & Usami,S*. (2016). Fitting finite mixture models in longitudinal design:
    A recommendation for model selection and estimation of the number of classes.
    Structural Equation Modeling, 23, 695-712. (*Corresponding author: both authors
    contributed equally to this work)

32. Usami,S., (2016). Generalized sample size determination formulas for investigating
    contextual effects by a three-level random intercept model. Psychometrika,
    82, 133-157.

31. Yamasaki, S., Ando, S., Shimodera, S., Endo, K., Okazaki, Y., Asukai, N., Usami, S.,
    Nishida, A., & Sasaki, T. (2016). The recognition of mental illness, schizophrenia
    identification, and help-seeking from friends in late adolescence. PLOS ONE.
    11, e0151298.

30. Usami,S., Sakamoto,A., Naito,J., & Abe,Y. (2016). Developing pairwise preference
    based personality test and experimental investigation of its resistance to faking effect
    by item response model. International Journal of Testing. 16, 288-309.

29. Kakei,Y., Akashi,M., Hasegawa,T., Minamikawa,T., Usami,S., & Komori,T. (2016).
    Incidence of venous thromboembolism after oral oncologic surgery with simultaneous
    reconstruction. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 74, 212-217.

28. Adachi,S., Ikeda,Y., Satake,T., Usami,S., Sunahara,N., & Notoya,S. (2016).
    A survey of the development of syntactic comprehension in neurotypical infants.
    Journal of the Tsuruma Health Science Society. 39, 51-61.

27. Tochigi,M., Usami,S., Matamura,M., Kitagawa,Y., Fukushima,M., Yonehara,H., Togo,F.,
    Nishida, A., & Sasaki, T. (2015). Annual longitudinal survey at up to five time points
    reveals reciprocal effects of bedtime delay and depression/anxiety in adolescents.
    Sleep Medicine, 17, 81-86. (the first three authors equally contributed to this work)

26. Hayes,T., Usami,S., Jacobucci,R & McArdle,J.J. (2015). Using classification and
    regression trees (CART) and random forests to analyze attrition: Results from
    two simulations. Psychology and Aging, 30, 911-929.

25. Usami,S., Hayes,T., & McArdle,J.J. (2015). Inferring longitudinal relationships
    between variables: model selection between the latent change score and
    autoregressive cross-lagged factor models. Structural Equation Modeling,
    23, 331-342.

24. Usami,S., Hayes,T., & McArdle,J.J. (2015). On the mathematical relationship
    between latent change score model and autoregressive cross-lagged factor
    approaches: Cautions for inferring causal relationship between variables.
    Multivariate Behavioral Research, 50, 676-687.

23. Usami,S. (2015). Bayesian longitudinal paired comparison model
    and its application to sports data using weighted likelihood bootstrap.
    Communications in Statistics - Simulation and Computation. 46, 1974-1990.

22. Nishida,A., Shimodera,S., Sasaki,T., Richards,M., Hatch,S.L., Yamasaki,S., Usami,S.,
    Ando,S., Asukai,N., & Okazaki,Y, (2014). Risk for suicidal problems
    in poor-help-seeking adolescents with psychotic-like experiences: Findings from a
    cross-sectional survey of 16,131 adolescents. Schizophrenia Research. 159, 257-262.

21. Usami,S. (2014). Performances of information criteria for model selection in a
    latent growth curve mixture model. Journal of the Japanese Society of Computational
    Statistics. 27, 17-48.

20. Usami,S. (2014). Constrained k-means on cluster proportion and distances among
    clusters for longitudinal data analysis. Japanese Psychological Research. 56, 361-372.

19. Matamura,M., Tochigi,M, Usami,S., Yonehara,H., Fukushima,M., Nishida,A., Togo,F., &
    Sasaki, T. (2014). Associations between sleep habits and mental health status
    and suicidality in the longitudinal survey of monozygotic-twin adolescents.
    Journal of Sleep Research. 23, 290-294. (the first three authors equally contributed
    to this work)

18. Usami,S. (2014). A convenient method and numerical tables for sample
    size determination in longitudinal-experimental research using multilevel models.
    Behavior Research Methods. 46, 1207-1219.

17. Usami,S. (2013). Generalized sample size determination formulas
    for experimental research with hierarchical data. Behavior Research Methods. 46,
    346-356.

16. 股村美里・宇佐美慧・福島昌子・米原裕美・東郷史治・西田淳志・佐々木司 (2013). 中高生の睡眠習慣
    と精神的健康の変化に関する縦断的検討 学校保健研究, 55, 186-197.

15. 東川健・宇佐美慧・宇井円・梶縄広輝・古森一美・田中里実 (2013). 発達障害とその疑いのある
    子どものための対人コミュニケーション行動観察フォーマットの作成 言語聴覚研究, 10, 142-151.

14. 宇佐美慧 (2013). 論述式テストの運用における測定論的問題とその対処 日本テスト学会誌, 9,
    145-164.

13. 宇佐美慧 (2012). 論述式テストを通した評価と選抜の信頼性に関わる諸要因の影響力についての
    定量的比較検討 日本教育工学会論文誌, 36, 451-464.

12. 宇佐美慧・菅原育子 (2012). 潜在曲線モデルを用いた日本の高齢者の身体的特性の変化と個人差
    に関する縦断的検討 ―MCMC法に基づく全国高齢者縦断調査データの解析から― 行動計量学, 39,
    43-65.

11. 宇佐美慧 (2011). 階層的なデータ収集デザインにおける2群の平均値差の検定・推定のためのサンプル
    サイズ決定法と数表の作成 ―検定力および効果量の信頼区間の観点から― 教育心理学研究, 59,
    385-401.

10. 宇佐美慧・名越斉子・肥田野直・菊池けい子・斉藤佐和子・服部由紀子・松田祥子 (2011). 社会適応
    スキル検査の作成の試み ―検査の信頼性・妥当性・臨床的有用性の検討― 教育心理学研究, 59,
    278-294.

9. Usami,S. (2011). Generalized graded unfolding model with structural equation for
    subject parameters. Japanese Psychological Research, 53, 221-232.

8. Usami,S. (2011). Statistical power of experimental research with hierarchical data.
    Behaviormetrika, 38, 63-84.

7. 宇佐美慧 (2011). 小論文評価データの統計解析 ―制限字数を考慮した測定論的課題の検討―
    行動計量学, 38, 33-50.

6. Usami,S. (2010). Individual differences multidimensional Bradley-Terry model using
    reversible jump Markov chain Monte Carlo algorithm. Behaviormetrika, 37, 135-155.

5. 宇佐美慧 (2010). 採点者側と受験者側のバイアス要因の影響を同時に評価する多値型項目反応モデル.
    教育心理学研究, 58, 163-175.

4. 宇佐美慧 (2009). ニューラルテスト理論の応用可能性 ―方法論的課題の考察と多値型モデルの適用例―
    日本テスト学会誌, 5, 65-79.

3. Usami,S. (2009). Applying Gibbs sampler to multivariate hierarchical linear model.
    Proceedings of the World Academy of Science, Engineering and Technology, 54,
    340-342.

2. 宇佐美慧 (2008). 比較判断に影響する複数の要因を考慮した一対比較データ分析法. 心理学研究, 79,
    536-541.

1. 宇佐美慧 (2008). 小論文試験の採点における文字の美醜効果の規定因 ―メタ分析および実験による
    検討― 日本テスト学会誌, 4, 73-83.

著書・訳書

16. M. Lovric (Ed.) (2011). International Encyclopedia of Statistical Science.
  日本統計学会「統計科学百科事典」翻訳編集委員会 編 統計科学百科事典 (近刊)
  (「Moderating and Mediating Variables in Psychology」,「Psychological Testing Theory」,
  「Psychology, Statistics in」を担当)

15. 宇佐美慧 (近刊). 第5章:構造方程式モデリングを用いたメタ分析/第9章:文献収集の実際と
  相関係数の統合. 岡田涼・小野寺孝義(編)実践メタ分析入門 ナカニシヤ出版

14. Usami,S. (2017). Reviews of Data Science Methodology and Introduction to R courses
  into Japanese for IBM Big Data University.

13. 岡田謙介・宇佐美慧 (近刊). 潜在変数モデリング―離散/階層/縦断/構造方程式モデルの統合(仮題)
  岩波書店

12. Usami,S. (2016). Translation of Data Science Methodology course into Japanese for IBM
  Big Data University.

11. R.M. Lerner 編/二宮克美・子安増生 監訳 (近刊). 児童心理・発達科学ハンドブック(仮題)
  福村出版 (第2巻第20章: 成長曲線モデルと縦断的因子分析: Ram,N., & Grimm,K.J. Growth Curve
  Modeling and Longitudinal Factor Analysisを担当)

10. 宇佐美慧 (2017). 発達心理学・教育心理学研究におけるサンプルサイズ設計 ―実験研究に注目して―
  村井潤一郎・橋本貴充(編) 心理学のためのサンプルサイズ設計入門 講談社

9. 宇佐美慧 (2017). 縦断データの分類―決定木および構造方程式モデリング決定木. 荘島宏二郎(編)
  パーソナリティ計量心理学 第14章

8. 宇佐美慧 (2016). 第3章:本検査の修正過程/第4章:本検査の信頼性・妥当性. 上野一彦・名越斉子・
  旭出学園教育研究所. S-M社会生活能力検査第3版 日本文化科学社

7. 宇佐美慧・荘島宏二郎 (2015). 発達心理学のための統計学―縦断データの分析― 誠信書房 

6. 宇佐美慧 (2015). 心理尺度および心理検査の作成と信頼性・妥当性. 山田剛史(編).
   Rによる心理学研究法入門 北大路書房

5. J.D.シンガー・J.B.ウィレット著 (2003),菅原ますみ 監訳 (2014). 縦断データの分析II:イベント生起
  のモデリング
 朝倉書店 (13.3節 カプラン・マイヤー法による連続時間生存関数の推定,
  13.4節 累積ハザード関数,15.4節 回帰診断を担当)

4. 宇佐美慧 (2013). FOSCOMの妥当性・信頼性. 東川健・宇佐美慧・宇井円・梶縄広輝・古森一美・
  田中里実.  対人コミュニケーション行動観察フォーマット(FOSCOM) エスコアール

3. 宇佐美慧 (2013). 第6章:検査の信頼性・妥当性/第7章:サマリーの作成. 佐竹恒夫・足立さつき・
  池田泰子・宇佐美慧. ひらがな文字検査HITSS エスコアール

2. 宇佐美慧 (2012). 旭出式社会適応スキル検査の作成過程. 肥田野直(監修), 旭出学園教育研究所.
   ASA旭出式社会適応スキル検査 日本文化科学社

1. D.K.デイ ・C.R.ラオ 編/繁桝算男 ・岸野洋久 ・大森裕浩 監訳 (2011). ベイズ統計分析ハンドブック
  朝倉書店 (第8章: 多変量位置母数のベイズ推定 および 第11章: ウェーブレット領域における
  ベイジアンモデリング を担当)

その他執筆中・執筆予定のもの,および関わらせて頂いているテスト・検査開発
*心理統計学の教科書(大学・大学院)
*心理統計学問題集
*論述式・記述式テストの作成・評価・運用
*縦断データの理論と応用
*ウェクスラー成人知能検査(WAIS-IV)・ウェクスラー児童用知能検査(WISC-V)
*日本版BASC-3 BESS
*学習科学(翻訳)

国際学会

20. Usami, S., Murayama, K., Hamaker, E.L. (2017). A unified framework of cross-Lagged
   longitudinal models. Paper presented at the 82nd Annual Meeting of Psychometric Society.
    Zurich, Switzerland.

19. Usami, S. (2016). Sample size determination for CRTs with randomization at any level.
   Paper presented at the 81st Annual Meeting of Psychometric Society. Asheville,
   North Carolina, USA.

18. Kimpara, S., Regner, E., Usami, S., & Beutler, L.E. (2015). Systematic Treatment Selection
   (STS): How to monitor therapists' interventions and cross-cultural differences between
   North America and Argentina. APA.

17. Usami, S., Hayes, T., McArdle, J.J. (2015). Inferring longitudinal relationships between
   variables: Model selection between the latent change score and autoregressive
   cross-lagged factor models. Paper presented at the 80th Annual Meeting of
   Psychometric Society. Beijing Normal University, China.

16. Sugimoto, M., Nishida, A., Toriyama, R., Koike, S., Morimoto, Y., Kanata, S., Fujikawa, S.,
   Masaoka, M., & Usami, S. (2015). Early exposure to social networking service increase
   children’s drive for thinness. Paper presented at the Society for Adolescent Health
   and Medicine, Los Angeles, CA, USA.

15. Usami, S., Hayes, T., McArdle, J.J. (2014). On the Relationship between Latent Change
   Score Model and Autoregressive Cross-Lagged Factor Approaches and Cautions for
   Assessing Longitudinal Relations between Variables. Paper presented at the 79th
   Annual Meeting of Psychometric Society. Madison, Wisconsin, USA.

14. Kimpara, S., Holt, H., & Usami, S. (2013). Systematic Treatment Selection: How to
   Improve Therapists' Interventions. 2013 APA Annual Convention.

13. Usami,S. (2013). Generalized sample size determination formulas for experimental
   research with hierarchical data. Paper presented at the 78th Annual Meeting of
   Psychometric Society. Arnhem, Netherland.

12. Akiyama, H., Sugawara, I., Usami, S., Liang, J., & Kamiyama, S. (2013). Health
   trajectories over 20 years: Effects of education, income and gender. The 20th IAGG
   World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, 6.23-27.

11. Usami,S. (2012). Investigation of Mixture-modeling and Some Non-hierarchical
   Clustering Methods to Detect Heterogeneous Developmental Trajectories in
   Longitudinal Data Analysis. Paper presented at the JCS-CLADAG
   (CLAssification and Data Analysis Group)12. Anacapri, Italy.

10. Usami, S. (2012). Multivariate Mean-based Mixture Modelling in Longitudinal Data
   Analysis. Paper presented at the 26th International Biometric Conference. Kobe, Japan.

9. Usami,S. (2012). Reliability and validity of essay tests under different testing and
   scoring designs: a simulation study. Paper presented at the 30th International
   Congress of Psychology. Cape Town, South Africa.

8. Usami,S. (2012). Exploratory non-hierarchical cluster analysis for pre-post designs.
   Paper presented at the 77th Annual Meeting of Psychometric Society. Nebraska, USA.

7. Usami,S. (2011). On the relationship between the true number of components and needed
   sample size for finite mixtures in some factor analysis models. Paper presented at the
   5th Annual International Conference on Mathematics & Statistics. Athens, Greece.

6. Usami,S. (2010). Sample size determination for experimental studies with hierarchical
   data. Paper presented at the 19th International Conference on Computational
   Statistics, Paris, France.

5. Usami,S. (2010). Statistical power of experimental research with hierarchical data.
   Paper presented at the 75th Annual Meeting of Psychometric Society. Georgia, USA.

4. Usami,S. (2010). Individual differences multidimensional Bradley-Terry model using
   reversible jump markov chain monte carlo algorithm. Paper presented at the
   International Congress of Applied Psychology. Melbourne, Australia.

3. Usami,S. (2009). Statistical analysis of essay test data: Investigation of measurement
   problems with controlling length of essays. Paper presented at the 74th Annual Meeting
   of Psychometric Society.Cambridge, England.

2. Usami,S. (2009). Applying Gibbs sampler to multivariate hierarchical linear model.
   International Conference of Behavioral and Psychological Science. Paris, France.

1. Usami,S. (2008). Generalized graded unfolding model with manifest variable. Paper
   presented at the 73rd Annual Meeting of Psychometric Society. New Hampshire, USA.

国内学会

35. Usami, S., Murayama, K., Hamaker, E.L. (2017). A unified framework of cross-Lagged
    longitudinal models. 統計関連学会連合大会 南山大学 9月予定

34. Usami,S. Murayama,K. (2017). Random time errors in growth curve modeling.
    行動計量学会第45回大会 静岡県立大学 9月予定

33. Usami,S. (2016). Generalized sample size determination formulas and its mathematical
    properties for hierarchical data. 行動計量学会第44回大会 札幌学院大学 9月

32. 宇佐美慧 (2015). 論述式テストの測定論的問題再考 ―主要な論点の整理とその現実的解決のために―
    日本テスト学会 関西大学 9月

31. Usami,S., Hayes,T., & McArdle, J.J. (2015). Some notes on the mathematical relationship
    between two longitudinal models for assessing causality. 行動計量学会第43回大会
    首都大学東京 9月

30. Usami,S. (2014). Inferring longitudinal changes and relations from multivariate
    cross-sectional data ーA time-invariant score and two-stage multiple imputationー
    行動計量学会第42回大会 東北大学 9月

29. 坂本亜沙美・宇佐美慧・内藤淳 (2013). 性格検査のフェイキング耐性に関する研究 −一対比較形式
    と評定尺度形式の比較− 日本テスト学会 九州大学 8月

28. 深谷優子・秋田喜代美・上原友紀子・宇佐美慧・南風原朝和 (2013). 中学生・高校生の読書と学校
    の読書推進行動(2)−未来志向・市民性と学校の読書推進との関連− 第55回日本教育心理学会
    法政大学 8月

27. 股村美里・宇佐美慧・福島昌子・米原裕美・東郷史治・西田淳志・佐々木司 (2012). 思春期の睡眠習慣
    の問題と精神的健康状態の関連についての検討 第59回日本学校保健学会 神戸国際会議場

26. 宇佐美慧 (2012). 論述式テストを通した評価と選抜の信頼性に関わる諸要因の影響力についての
    定量的比較検討. 第54回日本教育心理学会 琉球大学

25. 宇佐美慧・菅原育子 (2012). 潜在曲線モデルを用いた日本の高齢者の身体的特性の変化と個人差
    に関する縦断的検討. 行動計量学会第40回大会 新潟県立大学

24. 名越斉子・菊池けい子・宇佐美慧 (2011). 特別な教育的ニーズのある子どもの社会適応スキルと知能
    との関連 ―旭出式社会適応スキル検査を用いた量的・質的な検討―

23. 名越斉子・宇佐美慧 (2011). 旭出式社会適応スキル検査の信頼性の検討 ―知的障害児の保護者と担任
    による評定の一致および相関の分析を通して―

22. 宇佐美慧 (2011).潜在曲線混合モデルによる縦断データ解析 -潜在クラス数決定の問題を中心に-
    第75回日本心理学会ワークショップ(星野崇宏・高橋雄介・岡田謙介・宇佐美慧)日本大学 9月

21. 宇佐美慧 (2011). 階層データにおける群間差の推定の為のサンプルサイズ決定について ―収集
    デザインの違いを考慮して― 第53回日本教育心理学会 かでる2・7 7月

20. 宇佐美慧 (2011). RJMCMCアルゴリズムを用いた潜在成長曲線混合モデルのコンポーネント数の評価
    日本計量生物学会年会 大阪大学銀杏会館 6月

19. 宇佐美慧 (2011). 潜在曲線モデルにおける群間比較のためのサンプルサイズ決定 第25回計算機
    統計学会 函館市亀田福祉センター館 5月

18. 菊池けい子・名越斉子・服部由起子・斉藤佐和子・宇佐美慧・肥田野直・松田祥子・小山祐子 (2010).
    旭出式社会適応スキル検査の作成と適用(2)対人関係の困難さがある小2児童への適用
    日本LD学会第19回大会発表論文集

17. 名越斉子・菊池けい子・服部由起子・斉藤佐和子・宇佐美慧・肥田野直・松田祥子・小山祐子 (2010).
    旭出式社会適応スキル検査の作成と適用(1)検査の概要と統計特性
    日本LD学会第19回大会発表論文集

16. 成田秀夫・荘島宏二郎・宇佐美慧(2010). ニューラルテスト理論を用いた大学生のジェネリックスキル
    を測定する試み 第8回日本テスト学会 多摩大学 8月

15. 宇佐美慧 (2010). 階層データを伴う実験研究における簡便なサンプルサイズ決定法 第52回日本教育
    心理学会総会 早稲田大学 8月

14. 宇佐美慧 (2010). 探索的なモデル選択過程を想定する多母集団同時解析 行動計量学会第38回大会
     埼玉大学 9月

13. 宇佐美慧 (2010). 複数の母集団からのサンプリングを想定した潜在曲線モデルに基づく直接的な
    発達・変化の評価法 統計関連学会連合大会. 早稲田大学 9月

12. 宇佐美慧 (2010). 階層データを伴う実験研究におけるサンプルサイズの決定 第74回心理学会大会
    大阪大学 8月

11. 宇佐美慧 (2010). 二値データの為の個人差多次元一対比較モデルと次元数の推定 ―スポーツデータ
    解析への応用― 第24回計算機統計学会 統計数理研究所 5月

10. Usami,S. (2009). Bayesian generalized Bradley-Terry model using RJMCMC 日本行動計量学会
    第37回大会発表文抄録集 大分大学 8月

9. 宇佐美慧 (2009). MCMCアルゴリズムに基づく多変量階層線形モデルの母数推定 -NELSのデータを用いた
    分析例からー 行動計量学会春の合宿セミナー 長崎大学 3月

8. 宇佐美慧 (2009). RJMCMCアルゴリズムを用いた多次元一対比較データの解析法 SPLUSユーザー
    カンファレンス 六本木ヒルズ 11月

7. 宇佐美慧 (2009). 多変量階層線形モデルにおける母数のベイズ推定 第73回心理学会大会 立命館大学 9月

6. 宇佐美慧 (2009). NTTに基づく応用モデルの検討:一対比較モデルと多次元モデルを中心に
    日本テスト学会 名古屋大学 8月

5. 宇佐美慧 (2009). 採点者側と受験者側のバイアス要因の影響を同時に評価する為の多値型項目反応モデル
    -MCMC法を用いて- 日本テスト学会 名古屋大学 8月

4. 宇佐美慧 (2009). 小論文評価データの統計解析.第51回日本教育心理学会総会 東京学芸大学 8月

3. 宇佐美慧 (2009). MCMC法に基づく多変量階層線形データの分析 第23回計算機統計学会 福岡女子大学
    5月

2. 宇佐美慧 (2008). 予測変数の情報を利用した展開型項目反応モデル 日本行動計量学会第36回大会発表文
    抄録集 成蹊大学 9月.

1. 宇佐美慧 (2007). 刺激が複数の要因の影響下にあるときの尺度構成法 日本行動計量学会第35回大会発表
    論文抄録集 同志社大学 9月.

招待講演・招待シンポジウム

18. 宇佐美慧 (2017). 指定討論:
    その偏回帰係数は解釈できますか??予測変数を直交化した重回帰分析 久留米大学 9月21日予定

17. 宇佐美慧 (2017). 縦断データ分析の研究における最近の展開ー交差遅延モデルと因果推論の問題
    を中心にー 日本心理学会国際賞受賞講演 久留米大学 9月21日予定

16. 宇佐美慧 (2017). 階層線形モデルの理論と応用 京都大学総合2号館 6月16日

15. 宇佐美慧 (2016). 縦断データ分析の基礎 日本教育心理学会第58回総会 サンポートホール高松
    ・かがわ国際会議場 10月9日

14. 宇佐美慧 (2016). 発達心理学・教育心理学研究におけるサンプルサイズ設計 日本パーソナリティ
    心理学会第25回大会アフターカンファレンス 関西学院大学 9月16日

13. 宇佐美慧 (2015). 論述式テストの作成と運用 日本人事試験研究センター 12月1日

12. 宇佐美慧 (2015). 論述式テストにおける論点整理と解決指針 ―測定論的視点に基づいて―
    シンポジウム:大規模試験における記述式問題の導入を巡って 大学入試センター 11月17日

11. 宇佐美慧 (2015). 決定木による統計的分類の方法について ニッカウィスキー本社ビル 11月9日

10.宇佐美慧 (2015). 論述式試験の運用にかかわる測定論的問題について ー信頼性・妥当性・バイアスー
    日本人事テスト事業者懇談会(JPTA) 6月16日

9. 宇佐美慧 (2014). データの独立性の仮定と調査・実験デザインの設計 第14回人間系コロキアム
    筑波大学 11月26日

8. 宇佐美慧 (2014). 媒介分析とマルチレベルSEMとメタ分析についてじっくり聞く 第56回日本教育心理
    学会シンポジウム 指定討論者 神戸国際会議場 11月8日

7. 宇佐美慧 (2014). 私の研究活動の過去・現在・未来 Brown Bagセミナー 東京大学 7月2日

6. Usami,S. (2014). Why Simulation? -Actual practices in behavioral and psychological
    research- Presented at the university of Southern California, GC3 Lecture,
    SGM 718, Feb 12.

5. 宇佐美慧 (2013). 『書く力』の必要性と評価 ―論述試験における諸問題 日本テスト学会企画セッション
    指定討論者 九州大学 8月27日.

4. 宇佐美慧 (2012). 博士論文の執筆について. 於東京大学大学院教育学研究科 11月28日.

3. 宇佐美慧 (2012). 論述式テストに関する測定・評価研究の展開. 於ベネッセコーポレーション
    11月16日.

2. 宇佐美慧 (2012). 潜在曲線モデルを用いた日本の高齢者の身体的特性の変化と個人差に関する縦断的検討.
    第21回東京工業大学大学院社会理工学研究科ランチョンセミナー 6月20日.

1. Usami,S. (2011). Estimation of the unknown number of components in latent growth curve
   mixture model. (Invited Symposium). Paper Presented at the 76th Annual Meeting of
   Psychometric Society. The Hong Kong Institute of Education, Hong Kong.

研究会・講習等

9. 宇佐美慧 (2017). 階層線形モデルとは. 日本教育心理学会第59回総会研究委員会企画チュートリアル
    名古屋国際会議場 10月9日

8. 宇佐美慧 (2016). 統計的方法と再現可能性の問題再考 筑波大学社会心理学研究会 8月19日.

7. 宇佐美慧 (2015). グローバルマインドセットの活用. 平成27年度第2回スーパーグローバルハイスクール
    (SGH)連絡協議会・連絡会 12月2日

6. 宇佐美慧 (2015). 子ども達の今 −その理解と対応− 心理検査と心理測定の理論
    平成27年度教員免許状更新講習 6月6日 筑波大学

5. Usami, S. (2015). Introduction to R (1)-(3). University of Reading, UK, Feb 2,4,6.

4. 宇佐美慧 (2014). 決定木による対象の分類について ―縦断データに注目して―
    筑波大学社会心理学研究会 8月23日.

3. Usami, S. (2013). Generalized sample size determination formulas for experimental
    research with hierarchical data. Presented at the university of Southern California,
     SGM 714, Oct 16.

2. Usami, S. (2013). The performance of information criteria for model selection in a latent
    curve mixture model. Presented at the university of Southern California, SGM 514,
    May 15.

1. 宇佐美慧 (2012). 潜在曲線モデルを用いた日本の高齢者の身体的特性の変化と個人差に関する縦断的検討.
    統計サマーセミナー2012 静岡県熱海市,伊豆山研修センター.

報告書等・その他

7. 宇佐美慧 (2015). 国際理解とグローバルマインドセット. 筑波大学SGHグローバルリーダーシップ調査
    報告書 38-45.

6.東京大学高齢社会研究機構 (2015). 単身高齢者他の“食を楽しむ”生活創造に関する研究
    〜食行動の実態と「快」の促進・阻害要因の追究を通じて〜 味の素梶E東京大学
    高齢社会総合研究機構 共同研究(2013-14年度)報告書 (第W章.アンケート調査の
    分析結果(仮説検証)p.49-p.65を担当)

5. 独立行政法人国立青少年教育振興機構 (2013). 「子どもの読書活動と人材育成に関する調査研究」
    青少年調査ワーキンググループ報告書 (「第4章調査結果2:青少年の読書の関連要因」の
    p.123-p.139担当)

4. 東京大学高齢社会総合研究機構 (2012). 長寿社会における人生第IV期のKAITEKI生活研究報告書
    ―全国高齢者パネル調査データ二次分析・国際比較等― (第V章調査研究結果の概要
    A. 日米中高年者パネル調査二次分析(定量調査)p.12-p.106担当)

3. 小牧研一郎・椎名久美子・荒井清佳・宇佐美慧 (2011). 平成22年度法科大学院適性試験の分析結果
    独立行政法人大学入試センター(第7章: モニター調査の分析結果p.131-p.216担当)

2. 名越斉子・服部美佳子他 (2010). 特別な教育的支援を要する子どもたちの社会適応行動の評価方法と支援
    プログラムの開発. 平成19年-21年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書
    (第2章: 社会適応能力検査の作成過程 p.9-p.22担当)

1. 小牧研一郎・椎名久美子・櫻井捷海・宇佐美慧 (2008). 適性試験成績と法科大学院学業成績の相関
    関係に関する調査研究報告書(取扱注意) 独立行政法人大学入試センター.
    (第3章:分析結果 p.25-p.524担当)

学位論文

2. 宇佐美慧 (2012). 潜在変化得点モデルに基づく縦断データの群間比較 -検定力と潜在クラス数の推定に
    焦点を当てて- 東京大学 博士(教育学) 3月

1. 宇佐美慧 (2009). 小論文試験による評価データの心理計量学的性質の検討 -制限字数の影響に焦点
    を当てて- 東京大学 修士(教育学) 3月

研究費

8. 2016年12月〜2017年1月 平成28年度文部科学省研究大学強化促進事業中短期海外派遣プログラム
    (英国派遣)

7. 2016年4月〜2019年3月 平成28年度科学研究費助成事業(若手研究(B))
    縦断データ分析におけるモデルの誤設定に頑健な手法の開発と教育・発達心理学への応用

6. 2015年12月〜2016年1月 平成27年度文部科学省研究大学強化促進事業中短期海外派遣プログラム
    (英国派遣)

5. 2014年9月〜2016年3月 平成26年度科学研究費助成事業(研究活動スタート支援)
    縦断データの分類手法に関する方法論的研究と教育・発達心理学研究への応用

4. 2014年9月〜2015年3月 平成26年度文部科学省研究大学強化促進事業中短期海外派遣プログラム
    (英国派遣)

3. 2012年4月〜2015年3月 科学研究費補助金特別研究員奨励費 (PD, 24・5868) 縦断データ解析
    における潜在変化得点モデルの応用と方法論的問題の検討

2. 2009年4月〜2012年3月 科学研究費補助金特別研究員奨励費 (DC1, 21・6892) 論文体テストの
    運用の為の実証研究―測定論的課題の検証と評価データの分析法の開発−

1. 2007年4月〜2009年3月 ベネッセコーポレーション研究テーマ設定型奨学金

教育活動

講義
他の詳細は経歴をご参照ください.
大学院開講「教育測定学特講」(筑波大学)のテーマとテキスト
 2017年度:論文輪読
  Psychological Methods, Annual Review of Psychology
 2016年度:心理統計学の理論的基礎 
  南風原朝和 (2002). 心理統計学の基礎 有斐閣
  南風原朝和 (2014). 続・心理統計学の基礎 有斐閣
 2015年度:縦断データ解析 
  宇佐美慧・荘島宏二郎 (2015). 発達心理学のための統計学―縦断データの分析― 誠信書房
  McArdle, J.J. & Nesselroade, J,R. (2014). Longitudinal data analysis using structural
   equation models. American Psychological Association.
 2014年度 :項目反応理論(IRT)
  De Ayala, R.J. (2009). The theory and practice of item response theory. NY: Guilford Press.

論文指導
2016年度:卒業論文(副査3名),修士論文(副査3名),博士論文(副査2名)
2015年度:卒業論文(副査4名),修士論文(副査4名),博士論文(副査1名)
2014年度:卒業論文(副査4名),修士論文(副査4名),博士論文(副査1名)

共同研究・開発でお世話になっている民間企業・研究所等

独立行政法人日本学生支援機構
IBM Japan, Canada
日本人事試験研究センター
健康医療評価研究機構 iHope
OECD(経済協力開発機構)
日本英語検定協会
JIEM(教育測定研究所)
ベネッセコーポレーション
東京都医学総合研究所
東京大学高齢社会総合研究機構
独立行政法人大学入試センター
日本文化科学社
リクルートキャリア
河合塾
味の素
三菱化学
旭出学園(特別支援学校)
横浜リハビリテーションセンター
独立行政法人国立青少年教育振興機構